キッズデザインとは

キッズデザインとは、次世代を担う子どもたちの健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、デザインのチカラを役立てようとする考え方であり、活動です。 「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」「子どもたちを産み育てやすいデザイン」。この3つのデザインミッションのもと、成り立っています。

「デザイン」というと、モノの色や形といった、外見的なものを思う浮かべがちですが、キッズデザインには、使いやすさ、安全性なども含まれています。対象となるものも、子ども用の製品やサービスだけではなく、大人向けのものも含まれています。

子どもたちを取りまく環境の中にある全てのものが、子ども目線で考えられて、子ども基準で作られている、そんなキッズデザインに満ちあふれた社会の実現を目指して、さまざまな人たちと協力し合ってすすめていきたいと考えています。

3つのデザインミッション

キッズデザイン賞とは

キッズデザイン賞は、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」「創造性と未来を拓くデザイン」そして「子どもたちを産み育てやすいデザイン」というキッズデザインの理念を実現し、普及するための顕彰制度です。

乳幼児用品や玩具などの子ども向けの製品・サービスに限らず、大人向けのものでありながら、子ども目線を持った、良質な商品や施設、プログラム、調査研究活動などを対象として幅広く募集するもので、受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。

社会的、文化的な見地から公正な評価を与えたれた受賞作品は、その情報や成果とともに広く社会で共有し、今後の産業・研究活動と子ども環境の高度化を図ることを目的としています。

キッズデザインマークについて

割れた形 〜壊れてはじめて気づく子どもの安全・安心〜

円が割れて、間にKの文字が現れた形です。 子どもの視点で、あるいは子どもの視点を視野に入れて考えられた優れたものに与えられる賞のシンボルマークが、どのようなものであるべきか。
優しく子どもを守る形をつくるのではなく、敢えて危険や不完全さを可視化することにしました。大人が気づかなかった子どもの視点を探る行為は、今までの常識を問い直すことにほかなりません。シンボルマークは、この活動を象徴するものでなければならないわけです。

キッズデザインマークについて

そして、この形は、円が割れている形でもありますが、不完全なものが完全になろうとしている形でもあります。子どもは壊れやすいということ。危険を予め察知すること。不完全な子どもを対象に考えること。これらを象徴するものとして、この形を考案しました。 そしてこの逆説の形に、自然・安全・静的・優しさを素直に象徴する緑色を与え、形と色の意味を対峙させてバランスをとりました。

(佐藤卓 / グラフィックデザイナー)

ページトップへ戻る

今日からあなたもキッズデザイン・サポーター

メールニュース購読者募集中!