インフォメーション

協議会よりのinformation

(社)日本金型工業会(JaDMA)と(公社)日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)が、日本の金型業界、日本の製造業を活性化するための共同事業として、日本ならではの商品を日本国内で開発・製造し、世界に販売していくことを目的とした商品化コンペを行います。

第1回テーマは『キッズデザイン』を取り上げ、子どもの事故や障害を未然に防ぎ、子どもを育む環境をより安心で豊かなものにする商品アイデアを募集します。

入賞作品は製品化された場合、キッズデザイン賞の一次審査免除の特典が付与されます。

主催:(社)日本金型工業会(JaDMA)、
   (公社)日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)
後援:経済産業省、日本デザイン振興会、キッズデザイン協議会、
   産業技術総合研究所、日本デザイン学会、日本経済新聞、日経デザイン

詳細はこちらをご覧ください。

特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会

NPO法人キッズデザイン協議会(東京都港区 会長:和田 勇)は、「『子どもたちの安全安心に貢献するデザイン』における安全性のガイドライン」(以下、キッズデザインガイドライン)を策定いたし、その具体的な策定内容を提示するとともに、消費者との意見交換会を開催しましたので、ご報告いたします。

キッズデザインガイドラインは、子どもの事故防止に対する製品、環境(空間、施設)、サービスの安全品質の向上と平準化を目的としたプロセス標準ですが、今回の意見交換会には下記の通り、製品を直接手に取る消費者を代表する方々と、ガイドラインを活用して製品開発を行う企業、さらに中立的立場として学識経験者、研究者、医療機関関係者の方々にお集まりいただきました。

■開催概要

日 時:2012年9月21日(金) 10:00〜12:00

場 所:産業技術総合研究所 本館 4階 第1会議室

参加者(敬称略):
<消費者>・日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会 古谷 由紀子

・全国消費者団体連絡会 PLオンブズ会議メンバー 三村 光代
・全国消費者団体連絡会 PLオンブズ会議メンバー 土田 あつ子
・特定非営利活動法人 NCOS 大西 慧子
・東京消費者団体連絡センター 矢野 洋子
・全国消費者団体連絡会 菅 いづみ
・みらい子育てネット東京 小林 睦子

<中立者>・産業技術総合研究所 持丸 正明

・千葉工業大学 越山 健彦
・帝塚山大学 タン・ミッシェル
・緑園こどもクリニック 山中 龍宏
・国立成育医療研究センター 西海 真理

<会員企業>・三菱電機 坂田 理彦

・フレーベル館 田口 将弘
・日本自動ドア 野口 哲也
・積水ハウス 中村 孝之
・イオンファンタジー 小坂邊 晃

<事務局>・キッズデザイン協議会

■開催報告

キッズデザイン協議会によるキッズデザイン活動及びキッズデザインガイドラインの概要説明に続き、意見交換が行われました。消費者代表の方々からは、「子どもの事故情報を収集する仕組みの構築こそ重要である」「過剰な安全性のアピールは親子ともに危険察知力の低下を招く可能性もある」「キッズデザイン製品を購入しやすい環境づくりのために流通も含めたコミュニケーションが必要」など多数の意見をいただきました。中立者の方々からは、「子どもが学習できない医療機関にかかるような重篤な事故は絶対に回避すべき」「事故情報を収集、分析して社会に対して発信するしくみが必要」「多様な業種業態が共通して対応できるプロセス標準はこれまで存在していなかったので社会的意義がある」等の意見をいただきました。

今回の意見交換会では以下の論点について消費者代表、中立者代表の方々と意見の交換をいたしました。

(1)事故情報の収集について

事故情報が集まる仕掛けを、さまざまな機関の参画によってさらに強化する。消費者は事故情報を発信し、研究機関は事故情報を知識化し、企業はそれをもとに安全な製品を作る。安全な製品の開発と普及が事故の低減につながったかどうかという社会的効果を、事故情報によって確認できるようにしていく。

(2)残留リスクの設計について

回避しなければならない重篤な事故につながる危険源を排除していくとともに、子どもや親にとっての危機回避能力の学びに繋がる軽微な危険は制御されたリスクとして残すような設計を心がける。リスクとは危険度×発生確率であり、残留リスクを設計することは、危険度もしくは発生確率を低減しながらもあえてゼロにしないことを意味する。その上で、残留させたリスクについて消費者に対してきちんとしたコミュニケーションを図る。

(3)持続的なガイドラインの更新について

社会的な安全の認識は時代とともに変化する。また、想定しきれない新しい事故も起こりうる。新たな子どもの事故が起きた場合や社会環境、認識の変化が認められた場合は、随時、キッズデザインガイドラインを見直す。

(4)合意形成の場について

企業、中立者、消費者が、キッズデザインガイドラインの現状を把握しその有効性を検証するために、意見交換会、合意形成の場づくりを継続的に実施する。

以上

■「『子どもたちの安全安心に貢献するデザイン』における安全性のガイドライン」

詳細はこちら(PDF)をご覧下さい。

■実施風景

実施風景

■本件に関する問い合わせ先

キッズデザイン協議会
事務局 (担当)西川、川谷
TEL:03-5405-2141 FAX:03-5405-2143

「キッズデザイン・コンセプトブック2012」は、第6回キッズデザイン賞の受賞作品を一堂に掲載した受賞作品集であるとともに、特集記事を通して、キッズデザインの考え方が一望いただける内容となっております。総ページ数136ページの冊子として完成いたしました。

■構成
・特集1 子どもの創造性を育むデザインを考える
発達心理の視点から見る子どもの創造性育成とは何か。子どもたちの想像力(imagination)から創造力(creativity)へ、遊びを育むデザインや、子どもの発達に即した商品開発秘話を、教育現場や業種の異なる企業の実践事例でご紹介します。
・特集2 キッズデザイン開発ストーリー2012
第6回キッズデザイン賞を受賞した製品、施設、活動などをビジュアルで紹介しながら、開発に至った経緯や子ども視点での工夫などに迫ります。
・最優秀賞・優秀賞・特別賞 受賞紹介ページ
・第6回キッズデザイン賞受賞全作品
  今年度のキッズデザイン賞受賞作品の全249点をご紹介。
・受賞作品データベースのご紹介
・特集3 キッズデザイン・ガイドラインについて
現在作成に取り組んでいるキッズデザインのガイドラインについての概要を紹介し、日本発の国際競争力としてのキッズデザインの意義に迫ります。
・キッズデザイン賞概要、審査委員一覧
・キッズデザイン協議会概要

この「キッズデザイン・コンセプトブック2012」を実費にてお分けいたします。

ご希望の方はこちらから。
『お名前、ご住所(送付先)、電話番号、メールアドレス、部数』をご記入の上、お申し込みください。
追って詳しくご案内させていただきます。
また、バックナンバーも実費にてお分けしておりますので、ご希望の方はあわせてお問い合わせください。

被災地の子どもたちの健やかな成長を支援するため、キッズデザイン協議会の自治体会員である宮城県と連携し、子どもたちへ元気と笑顔を届ける応援活動を「子どもたちの元気プロジェクト」として展開しています。

今回は、夏休みで普段以上に賑わっている仙台市内の児童館にてCAMPクリケットワークショップを開催しましたのでご報告いたします。

また、今回の開催にあわせて、東北福祉大の学生(森明人ゼミ)に向けてファシリテーター研修を実施し、ワークショップ運営にご協力いただきました。今後は、東北福祉大の学生による被災地でのワークショップ開催も計画しています。

CAMPクリケットワークショップは、米国MITメディアラボで研究開発された乾電池式の小さなコンピューター「クリケット」とモーターやセンサー、身の回りのさまざまな素材を使い、子どもたちが共同作業でオリジナルの動くおもちゃをつくるワークショップです。2007年度第1回キッズデザイン賞コミュニケーションデザイン部門受賞。

■開催概要

日 時:2012年8月23日(木)・24日(金) 13:00〜16:30

対 象:小学校1年生〜3年生

会 場:仙台市東四郎丸児童館(宮城県仙台市四郎丸字大宮26-10)

主 催:SCSK株式会社、東北福祉大学 森明人ゼミ、キッズデザイン協議会子どもたちの元気プロジェクト

協 力:仙台市東四郎丸児童館

■開催報告

今回は、SCSK株式会社(CAMP)と東北福祉大学森明人ゼミとの共同運営によりワークショップを開催しました。8月22日〜24日の3日間、まず1日目に子どもたちへの関わり方やワークショップの運営方法を内容とする「CAMPファシリテーター研修」を大学生へ実施し、2日目はCAMPスタッフと大学生が共同でワークショップを運営、3日目はワークショップの運営すべてを東北福祉大の学生が担いました。
ワークショップに参加した子どもたちは、初めて触れるクリケットに興味津々で、説明に真剣に耳を傾け、二人ペアでの制作も夢中で取り組んでいました。参加した子どもたちの感想には「またやりたい」「また来てね」の言葉も多く、今回も元気と楽しさを届けられたと思います。

当日の様子はCAMPウェブサイトでもご覧いただけます。

8月23日→ http://www.camp-k.com/wsreport/797/

8月24日→ http://www.camp-k.com/wsreport/798/

■ファシリテーター感想

8月24日ワークショップの全体進行役『チーフファシリテーター』を担当した高橋みなみさん(東北福祉大学 森明人ゼミ・3年生)の感想です。

ファシリテーター研修とワークショップ実践と、すごく充実した3日間でした。
今まで、人に作業を指示したり、仕切ったりした経験がなかった私がチーフファシリテーターに決まった時は、「私でいいの?」と戸惑いがありましたが、23日のワークショップで学べることは吸収しようと、ファシリテーターのいいところ探しをしました。そして24日のワークショップでは、ところどころ不安になって、CAMPスタッフに聞きたくなりましたが、自分の不足しているところは、メンバーが補足をしてフォローをしてくれたり、またワークショップを盛り上げてくれたり、とても嬉しかったです。自分たちに運営の全てを任せられたからこそ、メンバーみんながお互いを頼って、協力し合あうことができたのだと思います。3日間の経験を通して、ワークショップの楽しさ、チームで協力するということの大事さを知り、また、成し遂げたときの達成感がすごく大きく、とても感動しました。今後は、私たち森ゼミのプロジェクトメンバーのみでの活動はもちろん、今以上に良いものをつくりたいと思います。

実施風景

実施風景

実施風景

経済産業省の広報誌である、「METI Journal」の最新号、2012年10・11月号で、キッズデザインについて取り上げていただきました。

キッズデザイン賞審査委員長の赤池学先生のインタビュー、これまでのキッズデザイン賞受賞作品の紹介、経済産業省が行うキッズデザイン製品開発支援事業についてなど、大変読み応えのある内容となっております。

隔月刊の電子書籍で、経済産業省のホームページ上に掲載し、電子ブック形式でもPDF形式でも閲覧できます。
iPad、androidの無料アプリとしてもサービス中です。

内容は下記URLよりご覧いただけます。

経済産業省広報誌「METI Journa10・11月号」

http://www.meti.go.jp/publication/data/2012_10.html

ぜひご覧ください!

(※METI Journalは、電子書籍のみの発行です。)

キッズデザイン協議会では、東日本大震災直後から復興支援プロジェクトを立ち上げ、被災地に向けたさまざまな活動をしています。
その活動の1つとして、子どもたちへ元気と笑顔を届ける応援活動「子どもたちの元気プロジェクト」を立ち上げました。

この度、その「子どもたちの元気プロジェクト」の第7弾を、11月3日(祝・土)と4日(日)の2日間、宮城県石巻市で、幼稚園から高校生までを対象とした「キッズワークショップカーニバル in いしのまき」として開催いたします。

当日はキッズデザイン協議会会員企業や受賞企業・団体の子ども向けワークショッププログラムを石巻の子どもたちに体験していただきます。

ワークショップは2日間で16種類あり、興味に合わせてご参加いただけます。
ぜひご来場くださいますようお願い申し上げます。

キッズデザイン協議会では、今後も、さまざまなワークショップやイベントを現地と協力して、継続して展開してまいります。
これらの活動を通して東北の子どもたちの健やかな成長に貢献し、未来を担う子どもたちが復興の力となることを心より願っています。

■開催概要

名 称:キッズワークショップカーニバル in いしのまき

開催日時:2012年11月3日(祝・土) 9:30〜16:30
11月4日(日) 9:30〜16:00

対 象:幼稚園〜高校生 (ご家族でぜひお越しください!)

会 場:石巻市立大街道小学校 体育館(宮城県石巻市大街道南1-3-1)

主 催:キッズデザイン協議会

協 力: (株)イオンファンタジー、(株)芸術造形研究所、積水ハウス(株)、東京ガス(株)、凸版印刷(株)、
パナソニック(株)、東日本旅客鉄道(株)、森ビル(株) (株)LIXIL住宅研究所、SCSK (株)、
宮城県産業技術総合センター、愛知製鋼(株)、(株)アルビオン、(株)しくみデザイン、
(株)小学館集英社プロダクション、(特活)体験型安全教育支援機構、日本オーチス・エレベータ(株)、
山口情報芸術センター(YCAM)、(株)山の手総合研究所、東北福祉大学、
(特活)FOR YOU にこにこの家、(特活)せんだい杜の子ども劇場、杜の子まつり推進委員会

後 援:石巻市教育委員会

参加料:無料 ※事前申込不要

詳細はこちらのご案内パンフレット(PDF:2.3MB)をご覧ください。

◆関連サイト:「東日本大震災の復興支援対応について」(キッズデザイン協議会WEBサイト内)
../association/greeting.html

第6回キッズデザイン賞受賞作品の巡回展示を9月より順次実施致します。
まず第1弾として、福岡市役所にて本年の受賞作品を中心に約30点の展示を行います。
展示会場では受賞作品を実際に手に取ってご覧いただけます。

また、キッズデザイン賞審査委員長の赤池学先生やキッズデザイン賞を受賞された地元企業から、キッズデザインを暮らしに生かすお話が聞ける、「キッズデザイン・アフタヌーン・セミナー」を会期中に3回開催します。

ぜひお気軽にご来場ください。

会 期:2012年9月24日(月)〜27日(木)

時 間:10:00〜17:00

場 所:福岡市役所1階市民ロビー

主 催:NPOキッズデザイン協議会

共 催:福岡市

後 援:NPO法人FUKUOKAデザインリーグ、福岡県産業デザイン協議会

キッズデザイン・アフタヌーン・セミナー

24日(月)14:00〜 キッズデザイン賞審査委員長 赤池学氏

25日(火)14:00〜 (株)しくみデザイン代表取締役 中村俊介氏

26日(水)14:00〜 (株)ムーンスター 梅崎元太郎氏

※セミナーは各回先着40名です。事前申込制ではございません。当日直接会場までお越しください。

詳細は 案内チラシ(PDF) をご覧ください。

経済産業省の平成24年度キッズデザイン製品開発支援事業は、現在キッズデザイン協議会が事業推進をしています。
具体的には、持続可能で安全・安心な社会の実現に向けて、子どもの事故予防に配慮された設計・デザイン(キッズデザイン)による製品の開発を、産業界が積極的かつ持続的に推進する体制を構築し、キッズデザインによる製品市場の拡大を目指すことを目的としています。
そのうち本公募においては、「キッズデザイン製品開発における産業界のリスクアセスメント分析、検証に関わる作業」に関する作業及び事務局機能等について、その外注先を公募します。

なお、公募に関する詳細内容は、
こちら 公募要領(リスクアセスメント分析、検証に関わる作業).pdf をご覧ください

※9月6日 公募要領を一部修正いたしました。

経済産業省の平成24年度キッズデザイン製品開発支援事業は、現在キッズデザイン協議会が事業推進をしています。
具体的には、持続可能で安全・安心な社会の実現に向けて、子どもの事故予防に配慮された設計・デザイン(キッズデザイン)による製品の開発を、産業界が積極的かつ持続的に推進する体制を構築し、キッズデザインによる製品市場の拡大を目指すことを目的としています。
そのうち本公募においては、「キッズデザイン製品開発の導入促進に関する詳細計画策定に関わる作業」に関する作業及び事務局機能等について、その外注先を公募します。

なお、公募に関する詳細内容は、
こちら 公募要領(詳細計画策定に関わる作業).pdf をご覧ください

※9月6日 公募要領を一部修正いたしました。

キッズデザイン賞受賞作品を紹介するサイトをリニューアルし、第1回から本年度実施の第6回までの受賞作品1067件が検索可能なサイトがオープンしました。

キッズデザイン賞受賞作品検索サイトは
こちら URL:http://www.kidsdesignaward.jp/search/ よりご覧ください!

様々な条件で検索することができます。最新の第6回の受賞作品249件をご覧になりたい場合には、
『受賞年度』を「2012年(第6回)」をチェックして検索してください。

キッズデザイン協議会HP、キッズデザイン賞HPのそれぞれのトップページにある下記のバナーからもご覧いただけます。

ぜひご活用ください!

キッズデザイン賞受賞作品検索

ページトップへ戻る