インフォメーション

2014.04.24 Thu

キッズデザイン復興支援プロジェクト「子どもたちの元気プロジェクト」
「CAMPクリケットワークショップ」実施のご報告

東日本大震災の被災地の子どもたちの健やかな成長を支援するため、

 自治体会員である宮城県と連携し、子どもたちへ元気と笑顔を届ける

  「子どもたちの元気プロジェクト」を展開しています。


■開催概要

日時:2014330日(日)9:30-14:30

対象:小学3年-6年生

会場:さんさん館(宮城県本吉郡南三陸町入谷字山の神平10-1)

JR志津川駅から国道398号線へ、車で10

主催:東北福祉大学 森明人ゼミ、旧林際小学校運営事業組合

協力:SCSK株式会社、NPOキッズデザイン協議会子どもたちの元気プロジェクト


■開催報告

平成25年度の東北福祉大学主催でのワークショップ開催は、今回が三度目となりました。当日はあいにくの雨模様でしたが、SCSK株式会社様をはじめ、会場となりました「さんさん館」のみなさまにもご協力いただき、参加した子どもにとっても運営側にとっても充実した一日となりました。ワークショップ中の子どもたちは、はじめこそ緊張していたものの、作業中だんだんと自分からアイディアを出すようになり、色々なことに興味を持って活発に取り組んでいました。また、たくさんの素材やコンピューターに触れるなかで、発見や失敗をくり返しながら作品を完成させていく様子は、私たちにとってもうれしい姿でした。

 

■ファシリテーター感想

今回のワークショップでは、ファシリテーターと子どもたちとの関わり方というものを強く意識して活動したため、子どもが主体となって作品づくりや発表会を行うことができ、良いワークショップになったのではないかと思います。

また、今年度の活動では準備がうまくいかないことが何度もありましたし、ワークショップ中、子どもたちに対しても、ファシリテーター同士でもコミュニケーションがうまく取れず戸惑うこともありました。しかし、そのたびに振り返りや反省を丁寧に行い、だんだんとメンバーでの話し合いの時間も増え、より良いものにしていこうという意識も高まっていきました。私たちはまだまだ成長途中ですが、これまでの経験を糧にこれからもワークショップを続け、子どもたちに元気と笑顔を届けていければと思います。



  実施風景

  元気0424アップ画像.jpg

<一覧へ戻る

ページトップへ戻る