インフォメーション

2014.03.18 Tue

キッズデザイン復興支援プロジェクト「子どもたちの元気プロジェクト」
「CAMPクリケットワークショップ」実施のご報告

 被災地の子どもたちの健やかな成長を支援するため、キッズデザイン協議会の

 自治体会員である宮城県と連携し、子どもたちへ元気と笑顔を届ける応援活動を

 「子どもたちの元気プロジェクト」として展開しています。


  ■開催概要

 日時:2014222日(土)12:30-14:30

 対象:小学4年から6年生

 会場:東四郎丸児童館(仙台市太白区四郎丸字大宮26-10

 主催:東北福祉大学 森明人ゼミ、NPO法人FOR YORにこにこの家

 協力:SCSK株式会社、NPOキッズデザイン協議会子どもたちの元気プロジェクト

 

 ■開催報告

 今年度、東北福祉大学主催が開催する二度目のワークショップとなりました。

 学生中心でワークショップを運営するのは初めての経験だったため、

 戸惑うこともありましたが、子どもたちの楽しそうに作業する姿を見て、

 私たち自身楽しんで活動することが出来ました。参加してくれた子どもたちは

 ペアになったお友達と協力して、創造力豊かに、私たちの想像もできないような

 面白い作品を作成してくれました。また、最初は人見知りをしていた子も一緒に

 作成していくうちに仲良くなり、楽しそうに活動している姿が印象的でした。

 少しの時間でしたが、子どもたちにとってもコミュニケーションの輪を広げる

 良い機会になっていたのではないかと感じました。


 ■ファシリテーター感想

 今回、経験の少ないファシリテーターがほとんどだったため、当日を意識した

 リハーサルなど事前準備を大切に取り組んできましたが、上手くいかないことも

  多々ありました。しかし、お互い支え合いながらファシリテーター全員でワーク

 ショップを進めていくことが自然と出来ていたと思います。なにより子どもたち

 に楽しんでもらいたいう気持ちが原動力となり、子どもたち同士のコミュニケー

 ションを大事に取り組むことが出来ました。また、子どもたちと関わる中で

 「伝える」ということの難しさと大切さを感じました。様々な課題が残りまし

 たが、次回のワークショップに活かせるよう改善し、子どもたちにとって充実し

 たものになるようこれからも取り組んでいきたいと思います。

 (東北福祉大学 二年 高山優衣)

 

 実施風景

再CAMPワークショップ2月22日画像.jpg

<一覧へ戻る

ページトップへ戻る