インフォメーション

2019年07月08日

今年度より新たに会員になられた株式会社阪急阪神百貨店様とコラボレーションし、会員限定企画の情報交換会を開催しました。

 

日 時:2019年6月6日(木) 14:00~17:45

場 所:大阪工業大学梅田キャンパス会議室、阪急うめだ本店

参加者:14社・団体、30名

 

阪急うめだ本店のリニューアルに合わせて各階に設置された「コトコトステージ」は「学び、驚き、発見」の体験型イベントプログラムを行う場で、各売場に展開されています。ベビー・こども服売り場でも、親子に役立つさまざまなセミナーが開催され、多くの人々が集っています。第1回の「キッズデザインミーティング in KANSAI」でも事例発表を頂いた「うめはんママ」のコーナーや、こどもの調理体験のできるコーナー、さらにイクメンにも配慮した大規模なベビールームなどを、詳しい説明を聞きながら視察させていただきました。

 

■プログラム

14:00 開会 挨拶・ガイダンス

14:15 プレゼンテーション「阪急うめだ本店でのキッズデザインの挑戦」

由本 雅則氏(阪急阪神百貨店 第1店舗グループ 子供ライフスタイル商品統括部 ゼネラルマーチャンタイザー)

14:45 視察説明、班分け、移動

15:15 ベビー・こども服売り場視察(阪急うめだ本店11階ほか)

16:15 再集合・移動

16:30 ディスカッション 質疑・グループ討議、発表

テーマ:キッズデザインの魅力を消費者に伝える上での課題

17:30 閉会

18:00 交流会(希望者のみ)

 

視察後のディスカッションでは参加者のみなさんより沢山の質問、意見が寄せられ、活発なディスカッションとなりました。

 

【参加者からの声】

・阪急さんのターゲット優先の考え方や、独自の編集力など大変勉強になった。

・貴重な体験で、自分の会社にとっても大きな糧になっていくと思った。

・子どもへの想いなど、異業種だが自分の業務にも繋がる要素が沢山あり刺激をもらった。

・様々な企業様とコミュニケーションを取れ、本当にありがたい機会となった。

・ベビー服、こども服に縁のない自分にも、今後のビジネスをを考えるよい機会だった。

 

様々な業種の方がひとつのテーマについてディスカッション、意見交換ができるのはキッズデザイン協議会ならでは。意見交換の中に思いもよらなかったアイディアが隠れていたり、「子ども視点」をきっかけとした交流の中で新たな人脈が生まれます。

 

 

由本氏によるプレゼン

 

 

情報交換会は、キッズデザイン協議会の会員企業・団体・自治体にお勤めの方はどなたでもご参加いただけます!

ご自身の会社が会員かな?と思われた方はこちらをご覧ください。→会員一覧

 

今後も東日本、西日本で様々な企画を計画中です。ご興味がある企画がありましたらぜひご参加ください。

 

問合せ:キッズデザイン協議会事務局 03-5405-2141 info@kidsdesign.jp

 

ページトップへ戻る