インフォメーション

2019年03月06日

2019年3月1日(金)グランフロント大阪にて、キッズデザインミーティング in KANSAIを開催いたしました。

昨年を大きく上回る、56社112名の方にご参加いただきました!

多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

 

建築・衣服の部材・食品ロス問題・・・衣食住のあらゆる視点からキッズデザインへのお考えをお話いただきました。

業種は違っても、子どもたちを思う気持ち、子育て環境を良くしたいという熱意は共通しています。

 

 

建築家である手塚由比氏より、これまで設計された子どものための建築のご紹介や、設計の上で意識しているポイント、実際に子どもたちが建物を使ってみて発見したことなどをお話いただきました。

子どもたちの興味を惹くもの、遊びや学びを誘導するデザイン、安全への考え方など、建築はもちろんデザインに携わる全ての方とってのヒントとなったのではないかと思います。

 

 

 

 

 

次のプログラムでは、第12回内閣総理大臣賞を受賞されたQuickFreeⓇと第12回キッズデザイン協議会会長賞を受賞された食べ残しNOゲームの事例紹介を交え、子どもたちとともに創る未来についてオープンディスカッションを行いました。

史上最年少受賞者の「食べ残しNOゲーム」の開発者・栗田くん(中学2年生)も参加し、とても和やかな雰囲気の中、活発な意見交換が行われました。

オープンディスカッションをもっと聞きたかった!というお声もいただいております。

 

交流会にも多くの方にご参加いただきました。

キッズデザインミーティングでの出会いを、オープンイノベーションのきっかけとしていただければと思います。

 

キッズデザイン協議会では、今後も様々なイベントを企画してこちらでお知らせいたします。

会員の方以外もご参加できるイベントもございますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

ページトップへ戻る