インフォメーション

2018年06月12日

6月7日にキッズデザイン協議会会員の方およびご招待の方を対象に

子ども視点で社会変革 キッズデザインからソーシャルイノベーションへ―子育て環境・しくみづくりを促進するアクション・プランを考える―というテーマで講演会を開催し、多くの方にご参加いただきました。

 

 

 

 

 

(写真:中) 経済産業省 商務情報政策局 清水 幹治様には経済産業省と特許庁が先月末に報告書として発表したばかりの「デザイン経営」宣言についてお話しいただきました。

(写真:右) キッズデザイン協議会の会員企業が中心となって活動している、研究開発部会について部会長であり、キッズデザイン協議会の舟生岳夫理事(セコム株式会社)よりご紹介いただいました。

 

 

(写真:左)キッズデザイン賞の益田審査委員長は、「未来は子どもの中に~キッズデザインとSDGs」というテーマで18番目の新たなテーマとして「子どもの未来のためのデザイン」を提案されました。

 

 

 

 

 

(写真:左)事業構想大学院大学 学長の田中様に「社会全体で子育てを、働き方改革の先にあるもの」として、

近年の意識変化や最近注目のティール組織の考え方などをお話しいただきました。

(写真:右)交流会の様子

講演会に引き続き交流会でも、登壇者や新会員のご紹介など活発に名刺交換をされていました。

 

これからも様々な方々と交流の機会を創出してまいります。

 

 

 

ページトップへ戻る