インフォメーション

2018年01月09日

本セミナーは多数の皆さまのご参加をいただき無事終了いたしました。

受講いただいた皆さま、大変ありがとうございました。

 

キッズデザインとは、子どもたちを取り巻くすべてのもの・ことを子ども視点でとらえ、デザインの力で子どもたちの健やかな成長発達につながる社会環境の創出を目指す考え方です。

このセミナーでは優れたキッズデザインの事例や商品開発の考え方・プロセスをご紹介するとともに、昨年12月に制定されたJIS「子どもの安全性-設計・開発のための一般原則」(JIS Z 8150)についてご説明します。また、今年も3月に募集開始するキッズデザイン賞について、最近のトレンドや応募のポイントなどをご紹介し、受賞作品の一部を会場内に展示します。

商品企画やマーケティングの新しい視点を考え、探る機会として、ぜひご参加ください。

 

開催概要

◆日 時: 1月26日(金)14:30~16:30  (受付14:00~ )

        展示:14:00~17:00

◆会 場: 江東区豊洲文化センター 8階 第2研修室

(東京都江東区豊洲2-2-18豊洲シビックセンター)

◆定 員: 50名(事前申込・先着順)

◆申込方法:受講希望者はメールにて下記までお申込ください。

      sanka_sgf@kidsdesign.jp

◆締め切り:1月24日(水) ※定員に達し次第受付終了とさせていただきます。

◆受講料: 無料

◆主 催: 東京都、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会

 

プログラム(予定) 14:30~16:30

<事例紹介>

・第11回キッズデザイン賞東京都知事賞受賞作品「サッカーゴール転倒防止固定装置」

   講師:株式会社ルイ高 営業管理部 岩藤 浩司

・キッズデザイン賞受賞作品の開発とデザインについて

   講師:コンビ株式会社 プロダクトセンター 一志 学

<キッズデザイン開発プロセス>

・子どもの事故防止とキッズデザイン

   講師:国立研究開発法人 産業技術総合研究所

                      人工知能研究センター 特別研究員    大野 美喜子

・新JIS「子どもの安全性-設計・開発のための一般原則」(JIS Z 8150)について

   講師:キッズデザイン協議会 事務局長 杉山 智康

<キッズデザイン賞>

・受賞作品の動向と応募のポイントについて

   講師:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所 代表取締役社長 

      キッズデザイン協議会 理事 高橋 義則 氏

 

キッズデザイン賞受賞作品展示 14:00~17:00  

会場内に第11回キッズデザイン賞受賞作品の一部を展示しますので、合わせてご覧ください。

 

会場へのアクセス:東京メトロ有楽町線「豊洲」駅7番出口より徒歩1分

         新交通ゆりかもめ「豊洲」駅改札フロア直結

企業セミナーご案内(PDF約1M)はこちら

セーフティグッズフェア・パンフレット(PDF約2.5M)はこちら


お問い合わせ  キッズデザイン協議会

        TEL:03-5405-2141 E-mail: info@kidsdesign.jp 

ページトップへ戻る